ビクンと反応する女

nixie_02

「♪〜」

 

朝、7時00分、いつものように、アラームがなる。

「もう、朝か…」

 

と憂鬱になりながら、

ダルい体を無理矢理起こす。

 

いつものように、急いで、仕事の身支度をする。

 

いつもと同じように、同じ駅に向かい

いつもと同じように、同じ電車の車両に乗り、

いつもと同じ会社に向かう。

 

会社に到着し、

 

「今日も上司に怒られるのかな…」

 

と、憂鬱になりながら、デスクに着き、

仕事を始める。

 

 

案の定、いつもと変わらず、

上司に叱られながら、仕事を続ける。

PHOT0000000000026CC9_500_0

そして、夕方6時半になる。

 

上司にこっぴどく怒られ、

少しだけネガティブになりながら、

脳内でこう呟く。

 

「ふぅ、今日は、ここまでにするか。帰ろう…」

 

帰りの身支度をし、駅に向かう

 

トボトボと歩きながら、

スマホで、ニュースやYouTubeを見る。

 

YouTubeでは、

「どうも、僕です。ダルビッシュしんごです…」

と、イヤホンからいやらしい声が聞こえる。

 

「なんだこいつ、やべぇなw」

「壁ドン、家で一人でやってるぜ(笑)」

 

そんなやべぇ動画を見ながら、

帰りの電車に揺られていると、

大きな駅に到着した。

 

多くの人が行き交う駅だ。

 

車両に乗っている人の8割が

この駅で降り、

同時に、同じ人数の人が乗り込んでくる。

 

そこで、ぼーっと、乗り込んでくる人を眺めていた。

 

すると、一人の”妙な”女性が乗り込んできたのが見えた。

 

スクリーンショット 2014-11-15 0.42.06

妙に、ビクンと反応した。

 

「良い女…」

「てか、胸でけぇな。」

 

心の中でそう、つぶやく。

 

それと同時に、

 

「自分が声をかけても、

きっと相手にされないだろう」

 

「俺には無理だ」

 

無意識にそう感じた。

 

女性と視線が合わないように、スマホを見る振りをして、

チラチラと横目でみる。

 

「俺もあんな魅力的な女性を落とすことが出来たら…」

 

「てか、彼氏とかいるんだろうか。

いるとしたら彼氏と、どんなセックスしてるんだろうか」

 

と考えてみるものの、想像が付かない。

 

どんな男と付き合っているんだろう。

 

「きっと、イケメンで、

エクザイルみたいなイケメンの彼氏なんだろう」

 

 

度胸のある人は、あーゆー女性に

声をかけるんだろうな。

 

「ふぅ…」

 

と少しため息を着いた。

 

その2秒後、

 

「俺には関係ないか…」

 

と、またネガティブな思考を繰り返した。

 

 

……

 

………

 

いや、

 

「もし、、、もし、だ。」

 

「声掛けが出来たとしたら、、、」

 

「いや、うまくいくとは思えない…」

 

「俺は、ヘタレだし、チキンだし、

まず、なんて声を掛けていいか分からないし」

 

そんな不毛な自問自答を繰り返してた。

 

ふと、スマホに目をやると、

スクリーンショット 2014-11-15 11.32.35

 

イヤホンから聞こえるのは、

「僕とエッチしてくれませんか?」

とか頭イッちゃってる男が、

まだ、何かしゃべっている。

 

そんな男の動画を見ていたら、

 

ある思いが、急に湧いてきた。

 

「俺、変わりたい…」

 

そんないやらしい思いが

ニョキニョキと勃起するように、

急に湧いてきた。

 

こんな自分を変えたい。

 

しかし、そうは思うが、

自分ではどうしていいか分からない。

 

「なるほど、ナンパか…」

「どうやってやるんだろ?」

 

ナンパブログを書いている人をたまに見るが

本当に度胸のあるメンズばかりだ。

 

自分もあんな度胸が欲しい。

今のヘタレな自分を変えたい。

 

女性を自由に口説けるようになりたい。

 

いつでも、どこでもナンパが出来るようになりたい。

 

ジャージでコンビニ行ったついでに美女をナンパしてみたい

 

本命の彼女がいても、複数の女性と関係を持ちたい。

 

女だけでなく、男にも好かれる魅力的な男になりたい。

 

服装、体格も常に、かっこよくありたい

 

とにかく、女性を選べる立場になりたい。

 

そう感じた一日だった。

 


 

 

もしかしたら、あなたも、この男性と同じように、

 

「変わりたい」

 

と、感じたことがあるかもしれない。

 

実は、

 

しんごちゃんも、この男性と同じように、

ヘタレな時期があった。

 

変わりたい。と頭では思っていたが、

でも変え方が分からなかった。

 

ナンパをやろうとして、

ナンパブログを見てみるが

自分には、どうも、出来そうに無い。

 

「いや、わかってるんだよ。

頭では、わかってるけど、動けないんだよ」

 

頭では、分かっているが、

結局、何も行動出来ずに、

ウダウダと同じ生活を繰り返していた。

 

そう、

 

しんごちゃんも、そんな時期が長く続いた時があった。

 

ナンパしようと思っても

実際に声を掛けることが出来なかった…

 

そう、地蔵だった。

 

あるきっかけ

 

しかし、ある人の出会いがきっかけで、

重要な事に気付いた。

 

「〇〇にフォーカスすればいい」

 

この言葉をきっかけで、

一点集中できた。

 

原因は行動がぶれていたことにあった。

 

いろんな人がいろんなことを言い過ぎで

わからなくなっていた。

 

・大きいバッグを持っている女性が良い。

・足取りが遅い女性が良い。

・サイジング合ってない服を着ている女性が良い。

・〇〇の場所は良くない。

 

とか

 

頭で考えすぎて動けなかった。

 

でも、今になって

何にフォーカスすべきなのか

ハッキリと分かる。

 

断言できる。

 

「何にフォーカスすればいいか?」

 

それは、

 

武器を持ち、第一声の声がけをマスターする

 

ただこれだけだ。

 

具体的にどのように近づき、

具体的になんて声をかけ、

どのようなカードを切り出すか?

 

武器を持つ。

 

この正しいステップを知り、

シュミレーションし、実践する。

 

そう、結局、声掛けをするしか選択肢は無い。

 

自分を変える術は、ひとつ。

 

自分から動き、

女性に声掛けをすることしかない。

 

そのために、最初の一歩の声掛けが出来ればいい。

そのために、武器を持てばいい。

 

この武器を持つことにフォーカスした

しんごちゃんは、自分でも驚くほど動けるようになった。

 

やったことは、「考えを絞っただけ」

 

うまく行かなかった原因は、

選択肢が多すぎたこと。

 

だから、行動がぶれて、

迷いが生まれて、動けなかった。

 

選択肢が絞ればうまくいく。

そう気付いた。

 

他の出会いの方法

 

ナンパ以外にも出会いを作る選択肢は

いくらでもある。

 

【クリクリくんのレベル上げ】としては、

「出会い系サイト」や「カップリングパーティー」に

積極的に参加するのは良い

 

でも、

 

でも、結局ね、

 

自分の満足感を上げたければ、

自分好みの女性と関係を持ちたければ、

自分から声掛けをするしかない。

 

ってことは、だ。

 

この声掛けをマスターするしかないのだ。

 

街コンをやるにしても

ストリートナンパをやるにしても

組織内恋愛をするにしても、

 

自分好みの女性がいるとしても、

肝心な声掛けが出来ないと、

スタートラインに立てない。

 

そう、

 

多くの男性が、

「声が掛けれない」

という理由だけで恋愛でうまくいかない。

 

逆に、

 

声掛けが出来るようになれば

社内恋愛だとしても、

大学の同じクラスの女性だとしても、

ストリートナンパでも、

帰りの電車で偶然見かけた美女でも、

 

いつでも自分の好みの女性と

コンタクトを取ることができるようになる。

 

・声掛けが出来るメンズ

 

・声掛けが出来ないメンズ。

 

この両者には、見えない大きな壁がある。

 

壁を壊すために、何をすればいいか?

 

さっきも言ったとおり、

まずは、まずは武器を持つことだ。

 

そう、武器。

 

とは言っても、具体的に、どうやって声掛けをすればいいのか?

「武器を持て」と言われても、具体的に何をすればいいのか?

 

わからないと思う。

 

では、何が必要か?

 

それは、「正しいインプット」だ。

 

正しいやり方が分からなければ、

疑心暗鬼になり、何も行動できない。

 

だから、具体的な「教科書」が必要なわけだ。

 

おそらく、ナンパブログを書いている度胸のあるメンズは、

何かしらの教科書を参考にしているだろう。

 

あなたとの、違いがあるとすれば、

それは、正しい知識をインプットしたか

どうかの違いだけ。

 

何も才能が関係しているわけではない。

知っているか知らないか。それだけ。

 

しかし、ここで一つ問題が出てくる。

 

それは、

 

「情報の正しさが判断できない」こと。

 

ネット上に転がっている情報は、

どれが正しい情報か、判断が難しい。

 

そう、多くの情報はうさんくさい。(苦笑)

 

それは、そうだ。

ネットの情報は、捏造(ねつぞう)しようと思えば

いくらでも捏造できる。

 

そう、だから、正しい判断基準が必要になってくる。

 

正しい判断基準

 

では、どうすればいいか?

 

それは、自分のやりたいことを

すでに達成している人の意見に耳を傾けること

 

そして、その人がどのように、それを成し得たのか?

具体的な方法を調べる。

 

そして、それを実際に試してみる。

 

つまり、

 

「真似る」

 

そう、

 

「パ ク る」

 

わけだ。

 

「学ぶ」という語源は、「まねぶ(学ぶ)」から来ている。

「真似る」と同じ語源だ。

 

そう、つまり、

「学ぶ」とは、「パクる」ことだ。

 

この言葉は、決して聞こえの良い言葉じゃないが、

何かを達成するために、必ず必要なプロセスだ。

 

上手く行っている人の真似をする。

 

そう、それは、別にしんごちゃんじゃなくても良い。

 

自分が、「この人みたいになりたい」と

思える人の意見に耳を傾け、

正しいインプットをし、実際に、動いてみること。

 

例えば、この動画で

やってるナンパのやり方をやりたい場合

 

 

これは、岡田尚也のTAVで学んだノウハウを

そのままパクっただけに過ぎない。

 

要はこーいった効果的な声がけの方法を

知ればいいだけ。

 

そして、パクればいいだけだ。

 

何も難しいことはない。

 

すでに上手く行っている人の

真似をすればいいだけ。

 

才能なんてものは関係ない。

 

パクるかパクらないか。

それだけだ。

 

充実感を得るためには、声掛けをマスターするしかない。

そのために、正しいインプットをし、パクる。

 

今日は以上。

 

まとめ

 

・「変わりたい」という希望を大事にすること

・まずは、武器を持ち、第一声の声掛けをマスターすること

・自分から声掛けが出来ないと、満足行く女性と関係を持てない

・正しいインプットの方法は、上手くいっている人の真似をすること

 


 

 

次回は、出会い系サイトと

カップリングパーティーの危険性について。

 

この2つの出会いの方法はすぐに

出会いを増やすことができる。

 

しかし、あることに気づいていないと

非常に危険。

 

その危険性について詳しく解説しようと思うから、

楽しみに待ってて。

 

最後まで読んでくれてありがとう。

 

ダルビッシュしんご

 

宿題

 

・次回のメールまで次の動画を見ておいて

 

→ この動画

 


 

・前回までの記事

 

【ス ト ナ ン通信1】イイオンナを抱こう

 

しんごちゃんからのお願い

スクリーンショット 2017-04-12 18.57.22

 

しんごちゃんのメルマガを友達に紹介するだけで、

1件あたり、500円の報酬をお支払する紹介システム

→ 詳細はこちらから

このページの先頭へ