性病の疑いがあったので、泌尿器科に行ってきた結果…

どうも、ダルビッシュしんごです。

新年あけましておめでとう。
って、もう5日か。

 

ちなみに、しんごちゃんは、

相変わらず、元気しております。ええ

 

ビンビンです。

 

ただ、ビンビンは、ビンビンなんだけど、

 

なぜか、ティンコの方が、

ムズムズしてまして。ええ

 

新年あけおめで、ティンコむずむずです。ええ

 

 

なんかさ、ティンコって、突然ムズムズする時ってあるよね。

 

いっつも、突然、来ない?

 

「きちゃった、ウフフ♪」的なノリで。

 

なんだろね、あれ?

 

いつもなら、「ん?気のせいかな?」

ぐらいの感覚なんだけど、

 

今回の、ムズムズ、きちゃったウフフは、

けっこうガッツリ。

 

そして、かなりの長期滞在。

 

「お前、早く帰れよ」って言っても帰らない。

 

で、

 

 

 

ちょっと気になって、グーグル先生に聞いてみたわけ。

 

「ティンコ ムズムズ」って

 

すると、なんか、調べれば調べるほど、雲行きが怪しくなってきて、

最終的に、

 

「え、これ性病なんじゃね?」

 

ってことになってわけ笑

 

あらら、新年あけおめで、しんごちゃん、性病疑惑。

 

……

 

ってことで、ネットじゃ、よく分からんし、

とりあえず、ティンコの専門家に診てもらおう。

 

ってことで、病院に出向くことにした。

 

と言っても、

 

「どこの病院どこ行けばいいんだ?」

 

と思って、グーグル先生にさらに、聞いてみると、

 

「お前、性病だろ?」

「だったら、皮膚科か、泌尿器科か、性病科行けや」とのこと。

 

ひ、ひ、ひにょうきか。

 

なんか、弱そうな名前だな。

 

いいね。

おもろそう

 

行ってやろう。

 

ノリノリで行ってやろう。

 

これがしんごちゃんのティンコだ。見ろや!

ドヤ。的なノリで。

 

多分、医者に

 

「じゃ、ティンコ出してねー」

とか言われるんだろうな。

 

ティンコ触られるんかなー。

 

そんとき、

コンドーム付けていったら、

ウケるかなー?

 

うすーいやつ。0.01ミリとか。

 

そしたら、

 

「これ 0.01ミリや〜〜〜ん」

「サガミオリジナルや〜〜〜ん」

「新しいやつや〜〜〜〜〜〜ん」

 

とかツッコんでくれるかな?

 

 

いや、ノーパンの方がウケるか?

ノーパンティーで行くか?

ノーパンティーでフルティンでいくか?

 

とか、意味不明なことを考えながら、

「地域名 泌尿器科」でググる

 

真顔でぐぐる。

 

近くに内科と、泌尿器科を見てくれる病院があったんで、

そこに向かうことに。

 

 

結局、コンドーム無し、ノーパンティー無しで、標準装備で、

 

病院に着く。

 

ティンコをモジモジさせながら、

受付に行くと、30代後半の「はるな愛」に

そっくりな受付嬢がいた。

 

「こんにちは、ここ初めてなんですけど」

と言うと、

はるな愛が「わかりました。今日の診察は、泌尿器科でよろしいですか?」

 

と言ってきた。

 

「ん?」

 

と、少し違和感を感じながら

「はい」と答える

 

問診票を渡されて、そこに記入をしてくれ。とのこと。

 

問診票を手にして、椅子に座り、

よくよく考えたら、

「てか、ここ、内科もあるんでしょ?」

「なんで、俺が泌尿器科を求めていることが分かったんだろ?」

 

「エスパーなのかな?」

 

「違うか。しんごちゃんの顔面がそう感じさせたのか。」

 

「こいつ、ティンコに悩んでそうな顔面だな。的な。」

 

「しんごちゃん、顔面、泌尿器科風」ってことか。

 

 

 

 

なるほど。

 

…じゃねぇよ。

 

いや、もう、いっそこのこと。

 

挨拶

「どうも、顔面、泌尿器科風のダルビッシュしんごです。」

って変えるか。

 

 

いや、寒いな。

 

やめよう。

 

 

などと、考えながら、問診票に記入をする。

 

チェック項目がいくつかあり

「性交渉により、性病の疑い」

という欄に力強くレ点を書く

 

レ!!!と

 

 

 

 

問診票に記入を終えて、

はるな愛に返す。

 

待ち時間が1時間くらいあるとこの事なので、

Kindleを片手に待合室で待つ。

 

てか、あの待合室って不思議だよね。

 

内科と泌尿器科が一緒の待合室なんで、

小学生くらいの子供がいて、

50代のおばちゃんがいる

 

まぁ、この子たちは、おそらく内科なんだろうけど

俺、泌尿器科だから。

 

 

 

33歳の性病疑惑のおっさんだから。

 

なんだろ、あの待合室、

不思議な気分になったよ。

 

10歳の子供を見て、

「ごめんね」って気分になったよ。

 

「キミもいつかなるんだよ」って

親戚のおっさんの気分になったよ。

 

 

「子供と目があった時、どんな顔面すればいいんだろ?」

って、ちょっと迷ったよ。

 

どんなおももちで

神妙な?神妙なおももち?

神妙なおももちをすればいい?

 

てか、神妙なおももちって、どんなんだ。

ってことを考えてたせいか、

読書に全く集中できなかった。
そんなことを考えていたら、

あっという間に、1時間が経ち、名前を呼ばれる。

 

診察室に入ると、

中には、40代くらいの医者と、

40代くらいの看護師さんが一人づつ待機していた。

 

一般的な内科の診察室で、

壁際に、横になれるベッドが一台あった。

 

診察室に入るやいなや、

医者が「性病の疑いがある?」

「はい」

と答える。

 

しんごちゃんのティンコの症状を言う。

 

そして、ネットでそれらしき病名があったので、

それも、言ってみた。

 

すると、

医者は「まずありえないね」

と言い

 

ガラガラ~っと、引き出しを開け、

1000ページは超えるだろう

大きな図鑑を、ズドンと、出してきた。

 

図鑑をパラパラとめくりながら、

「キミの言う性病は、

 えー、っと、こーゆーのだから」

 

と言って、

 

ティンコに卵の黄身をぶっかけた。

みたいな画像。

 

もう、言葉で言い表せない程の

グロい写真を見せられた。

 

「おおーー」

 

思わず顔が引きつり、

唸るような声を上げてしまった。

 

「だから、おそらく違うから」

 

「とりあえず、診るよ」

 

と、とりあえず、まぁ、お茶でも飲みなよ。的な

軽いノリで、言われた。

 

女性の看護師さんが、いる中

近くにあるベッドに横になった。

 

「カーテン閉めますね。」

 

と、看護師さんからは

見えないように、隠してくれた。

 

あ、隠すんだ。

 

そかそか、と少し残念な気持ちになり、

残念なおももちになった。

 

そして、カーテンの中で、医者と2人きりになった

 

「じゃ、ズボンから、ずるんとおろして」

と言われ、

言われるがまま、ティンコをずるんと出した。

 

なんだろな。

 

あーゆー時って自分が思った以上に、

ティンコってちっちゃくなるんだヨね。

 

 

 

ダヨネー、って感じで、ミドリガメサイズの

ティンコを触られる。

 

しんごちゃんの大事なティンコを触りながら

「あー、これはなんともないよ」

「性病じゃない」

 

てか、医者って、ティンコのことを

「ちんちん」ってハッッキリと言うんだね。

 

もう、ハッッッッキリと

 

「ちんちん」って

 

医者の曰く

 

「ちんちんって言うのはね。

すっごーい薄い皮膚なんだよ」

 

「だから、ちんちんを石鹸とかで洗い過ぎると、

その薄い皮膚がスグにベロンとめくれる」

 

「で、それによって、ちんちんが乾燥、または炎症が起こって、

それを見て、あ、まずい。しっかり洗わないと思い、更にしっかりと洗う」

 

「そして、さらに乾燥、炎症が進み、どんどん悪化していく」

 

「ちんちんの洗いすぎで、負のスパイラルが生まれていく」

 

「ちんちんってそーゆーもんだから」

 

「ちんちんってそーゆーもんだから」

 

って、実際は、2回言ってないけど、

2回言ったような感じで、ドヤ顔で言われた。

 

でも、勉強になったわ。

へぇ、ちんちんってそーゆーもんなんだ。って

 

てっきり清潔にしておけばいいと思って、

全力で石鹸で洗ってたけど、

洗すぎって駄目なんだね。

 

ってことで、

 

 

結局は、しんごちゃんは、

 

性病じゃなくて、ちんちんの洗いすぎ。

アライグマだった。ってこと。

 

軽い軟膏みたいの渡されて、それで終わり。

 

結局、水洗いが良いらしい。

※あ、これは、しんごちゃんの場合で、包茎の人はまた別かも

 

 

 

ってことで、中には、しんごちゃんと同じように、

「ちんちんアライグマ」のメンズもいると思うんで

ちんちんの話をシェアしてみた。

 

うん。

 

 

って、なんだこの記事。笑

 

まぁいっか。

 

てか、しんごちゃんの記事って

ちんちんの打率高いよね

 

5割5分5厘

 

あ、ちなみに、泌尿器科行って思ったけど、

想像した以上に、医者にちんちんを診せるのって

抵抗ないよ

 

ってことで、疑惑があるメンズは、

泌尿器科楽しいんで。ぜひ、行ってみて。

 

その時は、コンドーム付けて

ノリノリで。

 

行ってきたら、ぜひ、しんごちゃんに一報を

 


・前回の記事

 

→ 女性に対する罪悪感を消す方法


メルマガに登録すると「表には出せない限定動画をプレゼント」




メルマガ登録はこちらをクリック


ブログ記事一覧


他にもこんなやべぇ記事がある

YouTube動画一覧


他にもこんなやべぇ動画がある


合わせて読みたい関連記事

One Response to “性病の疑いがあったので、泌尿器科に行ってきた結果…”

  1. ハルビッシュ より:

    Youtubeの動画の方もタノムヨ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ