ガリガリが細マッチョになる方法

どうも、ダルビッシュしんごです。

 

今日は筋トレについて。

 

実は、しんごちゃん、恥ずかし写真を見せると、

2年前ぐらいかな?こんな感じだったの。

 

2nen

 

もう、残念でしょ。

 

でも、こんな細い体してて、

学生の頃は、クラス一腕相撲が強かったり、

学年一、遠投が出来たり、(ハンドボールなどを遠くに飛ばす競技)

運動することに関しては、結構自信があったメンズだったわけ。

 

ただ、運動は出来ても、

女性から見ると、「単なる、細い男」

としか映らないんだよ。

 

腕相撲が強い?

肩が強い?

 

「はっ!?だから?」

って、真っ黒い鼻くそを投げつけられるレベル。ええ

 

で、そんな肉体しているから、

当時、付き合っていた女性に「元カレの身体」と比較されたわけ。

 

「なんか、こう、腕枕してる時に、

んー、何かしっくり来ないな。

元カレは、もっとこう胸板があったから…」

 

「なんちゃらかんちゃら…」

 

 

 

まてまて、お前、それ誰のこと言ってんだ?

 

クリリンのことか?ええ?

 

クリリ…

 

 

って、

もう、しんごちゃん、金髪直前までイキそうでしたよ。ハイ

 

でも、まぁ、

ぐうの音も出なかったですけど、

 

事実なんで。

 

 

 

で、

 

そんな金髪事件が、あってからかな。

 

しんごちゃんが

本格的に「栄養学」と、

「筋肉」について調べはじめたのは。

 

で、今はこんな感じ。

 

スクリーンショット 2014-06-12 17.11.49

これ、自分では、結構変化してると思うんだよ。

 

2年前、これだから。

2nen

 

乳首にバンドエイド張ってないよね?

 

まぁ、でも、ジムに来ている「本気の人」たち見れば、

 

「ふん、ガキが。。」

 

と鼻で笑われるレベルだけど、

まぁ、目指す目標が違うので、良いとしよう。

 

 

これね。しんごちゃんが言いたいのは、

コンプレックスも変えよう。と思えば変えれる。

ってことがいいたいんだよね。

 

そう、乳首が見せたいわけじゃない。

 

 

 

で、実際、どんなことやってきたのか?

っていうと、やってることあまり変わらないんだけどね。

 

「摂取する栄養を変えて」

「運動のフォーム」と、

「負荷を少しだけ変えた」

だけ。

 

 

具体的に言うと、

アミノ酸とプロテインをしっかりと取って、

ジムの運動のフォームをプロからアドバイスをもらい

前回の負荷より、毎回負荷を強くする。

 

これを続けただけ。

 

ジムに行くのは、週1回。1時間程度。

 

ほんとこれだけなんで、

誰でも出来ると思うよ。

 

ちょっと役に立つ「栄養学の話」

あと、ここで、

ちょっと役に立つ「栄養学の話」すると、

 

よく、プロテインをたくさん飲んでいる人いると思うんだけど、

結局、タンパク質って、分解されてアミノ酸に変わるんだよ。

 

アミノ酸のBCAAとか、筋肉を作るために重要な物質なので、

積極的に取るべき。

 

でも、この

「タンパク質」⇒「アミノ酸」

に変える「分解率」って、人によって違うんだよね。

 

だから、めちゃめちゃ「ザバス」飲んでも、

まったくアミノ酸に分解出来てなく、

 

「全然筋肉つかねぇ。」

 

ってケースも多々あるわけです。

 

と言っても、逆の人もいるわけ。

 

だから、結論。

 

タンパク質と、

アミノ酸(特にBCAA バリン、ロイシン、イソロイシン)

を両方取るのがベスト。

 

「じゃ、何を飲めばいいの?」ってなる思うんだけど、

 

しんごちゃんがいろいろ飲んで、

最終的に出た結論は、

 

「安いので、問題ない」

 

もう、そこら辺に売ってる、

ザバスとか、アミノバイタルとかで。

 

栄養学は、結構勉強したんで、

いろいろブッ込みたいんだけど、

興味ないメンズいるんで、この辺にしておくよ。

 

栄養の取り方は、

 

ザバスとかで良いんで、タンパク質は、

毎日摂取する。

 

アミノ酸は、運動直前、運動直後など、

週に2回でOK

 

アミノ酸のBCAAは、筋肉痛にもなりにくくなるんで、

筋トレ前後に取ると、効果的

 

あと、フォームと、負荷は、

器具と、限界ポイントが人それぞれ違うので、

アドバイスしづらいから

 

一度、プロのトレーナーにアドバイスを

受けると良いと思うよ。

 

最初は、少し高いかもしれないけど、

やり方だけ学んで、後はバイバイすればいいんで。

 

数回、お金をしっかり払って、

やり逃げしてください。ええ

 

ジムに継続して行けないメンズ

よく、ジムに継続して行けない。

って鼻たれメンズがいるんだけど、

 

もう、そういうメンズは、

 

しんごちゃんみたいに、

女性に、元カレとかに比較されると、

勝手に筋トレしたくなるんで、

 

一回女性に「自分の肉体の話」を自分から振って

罵倒されちゃえばいいんじゃないかと。はい

 

「俺の身体ってどう?」

「元カレとかマッチョなやついた?」

とか、

嫉妬心で、地球破壊できるレベルの罵倒を受けてみて。

 

きっと変われるよ。

 

「変化を起こしたいなら、パターンをぶっ壊すことから」

 

これを合言葉で。

 

今日は以上

 

ダルビッシュしんご


メルマガに登録すると「表には出せない限定動画をプレゼント」




メルマガ登録はこちらをクリック


ブログ記事一覧


他にもこんなやべぇ記事がある

YouTube動画一覧


他にもこんなやべぇ動画がある


合わせて読みたい関連記事

One Response to “ガリガリが細マッチョになる方法”

  1. 山下 より:

    こんにちは
    山下といいます
    以前から動画見させて頂きとても勉強になります。
    今日メルマガ登録もさせて頂きました。
    お忙しいとは思いますが一つお聞きしたいことがあります。

    今ハッピーメールで女の子と連絡を取っており、LINEIDを教えたいのですがどうしてもお互いに文字化けしてしまいます。
    なにか対策をご存知なら教えて下さい。
    動画楽しみにいています。
    よろしくお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ